車を高く売る8個のコツ・方法と損する2つポイントを徹底解説




うるぞうくん
先生!今乗っている車を売りたいんだけど、高く売るコツはあるんですか?
さてい先生
もちろんですよ!ポイントをおさえることで、驚くほど査定額が上がることはよくあります!

車を売却しようと考えると、誰もが「少しでも高く売りたい」と考えますよね。

とはいえ、「どうすれば高い買取り査定をつけてもらえるのか」がわからない方が多いです。

実は、しっかりとポイントをおさえることで、30万円近く得をすることがあります。これを知らなければ、本当にもったいないです。

そこで、実際に私が行って30万円も査定額を引き上げた、「車を少しでも高く売る8個のコツ」を紹介します。

これを実施することで、高い値段をつけられやすくなるのです。そのため、何もしなかったときよりも、格段に得することになります。

また、あわせて「損をする2つのポイント」を解説いたします。

高く売却できれば、より良い車を購入することや旅行に行くこともできます。ぜひ参考にして、今の愛車を高く売りましょう。

1.少しでも高く売る8個のコツ

私が30万円も得をした、「車を高く売るコツ」を紹介します。

8つもあると「面倒」だと感じる方は多いですが、読んでみると簡単なことばかりです。少しでも車を高く売りたいのであれば、必ず読んでおきましょう。

1-1.複数の買取り業者で査定額を競わせる

これはもっとも重要なコツです。

たった1社の査定ではライバルがいないため、その業者の好きな値段をつけられてしまいます。そのため、「高い査定額をつけてもらうことは不可能」と言っても過言ではありません。

なぜなら、買取り業者は「利益を出すためにできるだけ安く買い取りたい」と考えているからです。

査定額を競う相手がいなければ、安い値段を提示してくるのは当然ですよね。

つまり、高い査定額を引き出したいのであれば、複数の業者で査定を取って価格競争をさせることが絶対に必要です。

むしろ、これを行なわなければ、このページで紹介する他のコツを実践しても無駄です。

とはいえ、車の買取り業者を1店舗ずつあなた自身でまわっていたら、3店舗で査定を出してもらうだけで丸1日かかってしまいますよね。

これは、時間がもったいないです。

そんなときは、インターネットの「一括見積査定」がとても便利です。

Web上で売りたい車の情報を入力するだけで、いっぺんに8社以上の査定予約を行うことができるからです。

たとえば、次のサイトで一括査定をすることができます。

「作成中」

このサービスを使うことで、自分で買取り業者をまわる時間が省略されます。そのため、効率的に高く車を売ることができるのです。

ぜひ「一括査定サービス」を利用して、パパッと高額査定をつけてもらいましょう!

ちなみに、高額査定を引き出す交渉方法については、次の記事をご覧ください。

車の買取りで高く売る交渉方法と手順を解説します!

2018.04.25

1-2.「下取り」ではなく、「買取り」を選ぶ

「下取り」とは、新しく車を購入した販売店で、現在所有している車を引き取ってもらうことです。

一方、「買取り」とは、新しく車を購入したディーラーなどの販売店ではなく、「買取り専門業者」に買い取ってもらうことです。

「買取り」は、「下取り」よりも間違いなく査定額が高くなります。

この違いは、主に販売ルートに差があるからです。

ディーラーなどの販売店は、基本的に下取りをした車を自社の中古車専門ディーラーで販売します。

一方、買取り業者は、海外に販売ルートを持っていたり、パーツのバラ売りしたり、仕入れた車を高く売るためのノウハウが豊富にあるのです。

このことから、車を少しでも高く売るのであれば、「下取り」よりも「買取り」を選ぶことをオススメします。

1-3.鍵穴まわりのひっかき傷はコンパウンド(研磨剤)で消しておく

傷はできるだけ少ない方が、査定が高くなりやすいです。中古車の外装はきれいな方が価値が高いからです。

ただし、爪でなでて引っかかりがない傷は、マイナス査定になることはほとんどありません。

そのため、鍵穴まわりが目立つほどの多く傷がついている場合に行いましょう。

コンパウンドは、カー用品店やインターネット通販サイトで購入できます。

また、修理に出さないと直せない傷やへこみは、査定前に直しておく必要はありません。

修理にかかった費用以上の査定アップは見込めないからです。そのため、自分で行える範囲できれいにしておくことをオススメします。

これについて詳しくは、次の記事をご覧ください。

車の下取りや買取り前に傷を直すべき?損しない選択肢を解説!

2018.04.27

1-4.社外品はすべて外して純正(ノーマル)に戻しておく

アフターパーツの社外品が付いていると「お金がかかっているから、査定額は高くなるだろうな」と思いますよね。

しかし、社外品をつけていても査定額は高くなりません。

補足説明
純正品(ノーマル):自動車メーカーが新車で販売したときに、もともとついていた部品
社外品:自動車メーカー以外が販売している部品(外装、マフラーなど)

なぜなら、個人の趣味が強く出ているため、なかなか買い手が現れないことが多いからです。こうなると、車を保管するための費用がかかります。

つまり、業者としては「保管経費が発生する」というリスクがあることから、社外品が付いていたとしても高値をつけづらいのです。

場合によっては、純正(ノーマル)の状態よりも値段が下がることもあり得ます。

この理由から、「社外品でお金をかけているから」といって、査定額を高くつけることはありません。

もし、社外品が付いている場合、純正部品に戻して査定に出しましょう。

社外品は、中古自動車部品店(アップガレージなど)や、ネットオークションなどの個人売買で売った方が、はるかに高い値段が付きます。

私の場合、車を純正に戻して社外品のマフラーをセットにして査定に出したところ、マフラーは5,000円しか値段がつきませんでした。

そこで、ネットオークションで販売したところ、6万円もの値段で売ることができたのです。

面倒かもしれませんが、この差は大きいですよね。ぜひ、ネットオークションも活用することをオススメします。

特に外装にステッカーを貼っているのであれば、間違いなく剥がした方が査定が高くなります。

ステッカーは、マフラーなどの社外品よりも個人の好みが大きく分かれるからです。

ただし、自分できれいに剥がせない場合は無理に行うことはオススメしません。逆に汚くなって、マイナスポイントを付けられる可能性があるからです。

ステッカーを修理工場などで剥がしてもらわなければいけないのであれば、そのままにしておいた方が得をします。

キズの修理と同様に、費用をかけてきれいに剥がしても、その費用以上の査定アップは見込めないからです。

うるぞうくん
一般受けしないものは値段が付かないんですね……

1-5.査定額が高くなる時期を狙う

査定額がもっとも高くなる時期は、2月です。

就職や転勤などの新生活がスタートする4月に向けて、3月に車を買い替える方が増えるからです。

買取り業者は販売店の在庫を確保のため、2月に積極的な買取りを始めます。

2月であれば、買取り価格の競争が激しくなり、普段よりも高い値段で買い取ってくれるということです。

これについて、より詳しくは次の記事を参考にしてください。

車を高く売る時期はいつ?車検や税金で損しないタイミングを解説

2018.04.06

「今すぐ売りたい!」ということでなければ、査定額が上がる時期までガマンすることも高く売るコツです。

1-6.車の引き渡し日をできるだけ早い日に決めておく

査定のタイミングで車の引き渡し日がいつになるか決まっていない場合、次の4つの理由から引き渡し日までに車の価値が下がっている可能性があります。

  1. 走行距離が増える
  2. 年式が古くなる
  3. 事故などにより傷が増える。または、事故車になる
  4. 故障により不具合が発生する

これらの理由から、車の価値は1日ごとに下がっていきます。

つまり、引き取り日がはっきりしていない状態で高額の査定を出すということは、買取り業者はにとってリスクが大きいということです。

その結果、強気の高額査定を、あなたに出すことができなくなってしまいます。

逆に、査定日からできるだけ早い日にちで「○月○日までには間違いなく引き取りをお願いできます!」と言い切ってしまえば、高い査定額を引き出せる可能性が高くなるということです。

車の価値が下がるリスクが少なくなるからです。

そのため、あらかじめ「この日までには今の車を手放す」と決めておきましょう。買取り業者にしっかりと伝えてた方が、確実に高い査定額をつけてもらうことができます。

1-7.査定するときに紳士的な身なりと対応をする

買取り業者に好印象を持ってもらうことで、査定額が高くなることがあります。

「車に関係ないじゃん!」と思いますよね。

しかし、業者の担当者も人間である以上、あなたの対応次第で「もう少し高めの査定をつけてもいいかな」と感じる可能性があります。

たとえば、次の2種類の人物のどちらの好感度が高いかは明白ですよね。

  1. ジャケットを着て、清潔感がある身なりをしている。業者の担当者に対しても、丁寧な対応をしている。
  2. 無精ひげをはやして髪はボサボサ、スウェットを着ている。業者に対して、ぶっきらぼうな対応をしている

2番目の人物に対して、わざわざ頑張って高額査定をつけてあげたいと思うでしょうか。そんな方は、ほとんどいませんよね。

逆に、「あまり相手をしたくない」と思う査定士がほとんどです。

ただ、これは極端な例です。

とはいえ、あなたの対応で結果が変わる可能性があることは否定できないはずです。

さらに、あなたに清潔感があって好印象を持たれるということは、「車も大事に乗っていたんだな」と思われやすいということです。

このような心理テクニックは、思いのほか効果が高いです。そのため、査定のときだけでも清潔感を特に意識することをオススメします。

1-8.洗車や室内清掃はしない方が査定額は高くなる可能性がある

査定をするときに洗車や室内清掃をすると、査定額が下がることがあります。

なぜなら、洗車をするとボディについた細かい傷までよく見えるため、その分マイナスポイントをつけられる可能性があるからです。

つまり、「洗車や掃除をしない方が、細かい傷が隠れることから高めの査定額になる」ということです。

実は、車の査定で「洗車してあるか」というはチェック項目はありません。

一般的に査定の基準にされているJAAI(一般財団法人日本自動車査定協会)で定められた項目に、「洗車」や「掃除」はないからです。

実際に、買取り専門店の査定担当者が次のようにおっしゃっています。

「車を洗車してあるか否かで査定額が大きく変わることはありません。査定員はとてもチェックしやすく、ありがたいんですけどね(笑)。

引用元:カーセンサー

とはいえ、「インターネット上に『洗車を行なった方が査定のときの印象が良くなる』という情報がたくさんあるから、はやり洗車や掃除はした方がいいでしょ!」と思いますよね。

しかし、これもほとんど効果はありません。

査定のときにピカピカになっていたとしても「ネットの情報を見て、査定のために洗車してくれたんだな」と思われるだけだからです。

むしろ、次のように思っているでしょう。

査定士
キズがわかりやすくなって、マイナスポイントを見つけやすい!少しでも安く買い取りたいから助かるわ~(笑

プロの査定士は、年間数百台の査定を通してたくさんの人物を見ています。その中で、「査定のときに洗車をしてくる方がほとんど」なのです。

はっきり言ってしまえば、「誰もが行なっている査定前の洗車は、査定士からすると『いつも通り』であるため、好印象を持つことではない」ということです。

加えて言うと買取り業者が知りたいのは、「査定時の見た目がキレイかどうか」ではなく、「このオーナーがどういう運転やメンテナンスを行なって、どういう車の状態であるのか」です。

その場限りで洗車をしても、本当の車の状態はわかりませんよね。

以上から、「査定時に洗車や掃除をしてもプラスにならず、逆にマイナスになる可能性がある」と言えます。

さてい先生
「洗車や掃除をした方が良い」と言い始めたのは、買取り業者です。

キズや劣化の状態を漏れなくチェックできることで、低めの査定を出しやすいからです。

要するに、「洗車や掃除は、買い取ってもらう側(あなた)にとって、メリットがない」ということになります。

買取り業者に対しての印象をよくしたいのであれば、「1-7.査定するときに紳士的な身なりと対応をする」で解説した通り、清潔感がある格好でしっかりとした対応をした方がはるかに効果的です。

【注意説明】
車が泥だらけだったり車内にごみが散乱している場合は、事前にきれいにしなければいけません。

「こんなに汚い状態で査定に出すなんて、おそらく常識が少なく運転も雑なのだろう」と判断され、査定額は間違いなく下がります。

洗車や掃除をしなくても良いのは、あくまで常識の範囲での汚れの場合です。普段から車を汚しがちな方は、気を付けましょう。

2.損をする2つのポイント

せっかく高く売るためのコツを覚えたのに、損をしてしまうNG行為をしてしまったら元も子もありません。

こうならないように、この項で紹介する「損をするポイント」をあわせて学んでおきましょう。

2-1.「急いで売りたい」などの足元を見られるような発言をしない

「すぐにでも売りたいんです」など、「金額にこだわらずにすぐに手放したい」と買取り業者に思われることを言ってはいけません。

買取り業者の本音は、「利益を出すためにできるだけ安く買取りたい」です。

これは、ビジネスの原則が「安く仕入れて高く売ること」である以上、仕方ありません。

つまり、「今日急いで売却を決めてくれるなら、頑張って高い査定額を出さなくても『これが限界です』と言って粘ればいいだろう」と思われてしまいます。

こうなると、高額な査定を引き出すことはほとんど不可能といえます。

事前に、「『急いでいる』と言ってはいけない」ということを覚えておきましょう。

2-2.事故歴を偽る

査定を行うとき、「事故歴はありますか?」と必ず聞かれます。

このとき、あいまいな答えをせず、正確に答えるようにしましょう。

たとえば、「あなたは事故を起こしていないが、前のオーナーが所有していたときにどうだったかわからない」という場合、このこともしっかりと伝えなければいけません。

「前のオーナーのことなんてわからないし、自分の責任じゃないから」などと考えて、「事故歴はありません」と言うのはNGです。

たしかに、査定の場では事故歴があったことが気づかれないかもしれません。

しかし、あとで発覚した場合、実際の買取り額と事故による価格の低下の差額を返金するように求められる可能性があるのです。

車の売買をするときに作成する書類に必ず、「事故歴・修復歴を偽っていた場合の差額は返金する」という内容の記載があるからです。

もし、事故歴や修復歴を黙っていた場合、「新しく車を買ってしまったから、返金するお金がない!」ということになりかねません。

さてい先生
最悪は、訴訟問題に発展する可能性があります。そのため、絶対に事故歴などの重要な内容は正確に伝えましょう。

まとめ

「高く売るためのコツ」を8個すべてを行なおうとすると、少々面倒です。

しかし、それぞれが積み重さなることで、査定額が30万円以上も高くなることがあります。

中でも、「複数の買取り業者で査定額を競わせる方法」は必ず行っておきましょう。

もっとも高額査定が狙える項目だからです。

ただ、やはり一軒ずつ業者の店舗をまわるのは何日もかかってしまいます。

そのため、ぜひ「一括査定サービス」を活用することをオススメします。

また、「やってはいけない」ことも要注意です。うっかりやってしまいがちですが、1つのミスが10万円以上の減額につながってしまいます。

高額査定を狙うのであれば、「この記事で紹介したことは必ず守る」という心構えで査定をしてもらいましょう。