車の買取りで高く売る交渉方法と手順を解説します!

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/c9236f1c713e22c71d76b1969e6b47e1.jpg” name=”うるぞうくん” type=”r”]

今乗っている車を売却するために、査定に出そうと思っています。

できるだけ高く売りたいのですが、上手な査定額の交渉術はありますか?

[/voice]

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/885ef405d520d9c47b0f4d81a309b4e6.png” name=”さてい先生” type=”r”]

はい!もちろんありますよ!

主におさえておくべきポイントは、次の2点ですね。

  1. 複数の買取り業者で査定額を競わせること
  2. 査定士に情報を与えないこと

あとは、手間がかかっても高く売りたい方は、「電話で交渉する」という方法を使うと良いです。

[/voice]

車を少しでも高く売りたいのであれば、交渉方法を学んでおくことは絶対に必要です。

このページでは、特に重要なことをまとめました。ぜひ実践して、高く車を売ったお金を次の車の購入費や旅行などの楽しみに使いましょう。

1.複数の買取り業者で査定額を競わせること

まず絶対的に必要なことは、「複数の買取り業者で査定額を競わせる」ということです。これを行なわなければ、査定額が上がることはあり得ません。

一社だけで査定を依頼した場合、買取り業者は「わざわざ高い査定額を出す理由がない」からです。

前提として、買取り業者は「できるだけ安く買い取りたい」と考えています。

これは、ビジネスとして利益を出さなければいけないため当然です。そのため、買取り業者の立場からすると買い取り額は安ければ安いほど好ましいのです。

査定士にとって上司でもなければ命の恩人でもないあなたのために、自分が損することを積極的に行うはずがありませんよね。

もし、一社だけで査定をした場合、必ず次のように言われます。

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/097559.jpg” name=”査定士” type=”r”]

  • 買取り額には自信がありますからね、一番高く買い取りますよ!
  • この金額だと赤字ギリギリなんですよね。

[/voice]

本当は、買取り額を高くすることはできるにもかかわらず、利益を大きくするためにこのようなことを言われることがほとんどです。

しかし、実際にはどれだけ査定額を上げることができる余裕があるのか、あなたにわかるはずがありませんよね。そのため、買取り業者の言葉を信用せざるを得ないのです。

その結果、自分自身で気づかずに損をして、買取り業者からは「良いカモだったなぁ」と思われることになります。

これが、一社だけで買取り査定をしてはいけない理由です。

一方、複数の買取り業者で査定額の相見積もり(同じ物を複数の業者で見積もりを取ること)を取った場合、上記のような損をすることはありません。

買取り業者があなたから車を買い取るには、「ライバル社よりも高い査定額を出さなければいけないから」です。

買取り業者は、結局は「買取り」ができなければ、売却して利益を出すことができません。

そのため、買取り業者を競合させることで、「利益がなくならない範囲で買取りができる金額を提示しなければならなくなる」のです。

あなたはできるだけ高く売りたいのですから、より高い買取り額を提示した業者に決めますよね。このことから、競合させることで必然的に買取り額が上がっていくのです。

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/6a0a8e639cb0b198a28fcdbd87f3dbdd.png” name=”さてい先生” type=”r”]

高く売りたいのであれば、一社だけの査定で決めてしまうのは絶対にNGです!

安く買いたたかれてしまいますからね。

複数の買取り業者で査定を取る場合、「一括査定サービス」を活用すると便利です。必要情報を一度入力するだけで、査定の予約ができます。

自分で買取り業者を、何軒も探す手間が省けますよ。また、すべての業者を同じ日時と場所に来てもらえるように、査定のアポを取りましょう。

その場で査定額を競合させると、楽に終わらせることができます。

[/voice]

2.査定士に情報を与えないこと

情報を与えないとは、「他社の査定額や希望金額を絶対に言わない」ということです。

なぜなら、買いたたかれる原因になるからです。

もし、あなたが「○○販売店さんは、100万円の査定額をつけてくれました」と、ほかの業者に伝えた場合を考えてみましょう。

先ほどお伝えした通り、買取り業者はできる限り安く買い取ろうとしています。そのため、買取り業者は「いくらを提示すればあなたに納得感を与えられるか」の基準となる金額が知りたいのです。(業者にとって、基準がない状態は一番やりづらいです)

車の買取り査定は、「あなたがどれだけ安く売ってくれるかを値踏みしている」と言っても過言ではありません。(ビジネスの世界では当たり前です。利益を出さなきゃ生き残れないですからね…)

そのため、次のように言われるのがオチです。

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/097559.jpg” name=”査定士” type=”r”]

そうですか~。

かなり厳しいのですが、弊社では100万1千円で買い取ります!これでもうギリギリです!(まだかなり利益出るけどねw)

[/voice]

これはあくまで例ですが、他社の査定額を伝えることで、たったの1千円や数千円しか査定額を上げてくれなくなります。

ライバル社の査定額を伝えてしまったことで、基準ができてしまったからです。

先ほどから何度も説明している通り、「買取り業者はできる限り安く買い取りたい」のでしたね。その一方で、「あなたはできるだけ高く売りたい」はずです。

つまり、これを踏まえると、買取り業者の心理は次のようになります。

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/097559.jpg” name=”査定士” type=”r”]ユーザーは買い取り額の限界なんて知るはずがないし、ライバルの買取り業者が100万円と言っているなら、それより少しでも高い金額を提示すれば、ユーザーは納得せざるを得ないでしょ![/voice]

このように、他社の査定額を知られてしまうと、それよりも少し高い値段をつけられてしまいます。こうなると、査定額が何万円も上がる見込みはなくなったと言っても良いでしょう。

これは、他社の査定額ではなく、あなたの希望額を伝えても同じです。

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/e29cf806e60b7a8bd5f9f73f4382c6fb.jpg” name=”うるぞうくん” type=”r”]たしかに千円でも高い方を選ぶもんなぁ……[/voice]

では、次に他社の査定額を伝えなかった場合を考えましょう。

先ほどとは状況はまったく変わり、査定額の基準となるものがありません。

すると、買取り業者は次のように回答します。

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/c80766d9dc873a7a1bc9c5fd3ec88374.jpg” name=”査定士” type=”r”]うちでは120万円で買い取りますよ!(利益が出る範囲内だし、おそらくライバルに勝てるだろう)[/voice]

つまり、ライバル社の査定額がわからない状態であなたから買い取るためには、利益が出る範囲で、できるだけ高い金額を提示する以外に方法がないのです。

以上のことから、高い査定額を引き出すには、他社の査定額を伝えないということが必須と言えます。

絶対に査定額に関する情報は口にしないようにしましょう。

また、業者には「査定額がもっとも高かったところに決めます」とだけ言っておけばOKです。

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/e29cf806e60b7a8bd5f9f73f4382c6fb.jpg” name=”うるぞうくん” type=”r”]

買取り業者って、そんなこと考えているんだ!

なんだか黒いイメージが湧いてきちゃいました。

[/voice]

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/12d1e0aea8f3eff44db346cea9802e72.png” name=”さてい先生” type=”r”]

ビジネスの基本は「安く仕入れて高く売る」である以上、どの業界でも同じですよ。

うるぞうくんも仕事のときは、「どうやって利益を出すか」と考えていますよね?

これを理解した上で、上手に対応することが車を高く売る方法の秘訣です!

[/voice]

3.手間を惜しまないのであれば、電話で価格交渉をすること

「多少の時間と手間をかけてでも、とにかく少しでも高く売りたい!」という方は、電話で交渉することをオススメします。

査定額が出そろってから電話で交渉することで、すべての査定額を見比べてつつ、落ち着いて限界の価格を引き出すことができるからです。

具体的な手順は、次になります。

[aside type=”boader”]

  1. 「一括査定サービス」を利用して、複数の買取り業者と査定のアポを取る
  2. 実際に車を見て査定をしてもらう
  3. 現状の査定額を聞いて、一度帰ってもらう
  4. 電話で査定額の交渉をする

[/aside]

これらについて、詳細を解説していきます。

手順1.「一括査定サービス」を利用して、複数の買取り業者と査定のアポを取る

電話で交渉するつもりなら、各業者で日時がばらけてもOKです。

査定の場で査定額を競合させるつもりなら、必ずすべての業者を同じ日時と場所に集めましょう。

手順2.実際に車を見て査定をしてもらう

このとき、「他で見積もりは取っていますか?うちはそれ以上の値段をつけますよ」などと言ってくるはずです。

しかし、絶対に他社の査定額や、あなたの希望額を言ってはいけません。これまで解説してきた通り、値段が上がらなくなるからです。

もし、他社の査定額を聞かれたら、「もちろんほかでも見積もりは取っています。ただ、御社の価格が知りたいので、他社の査定額はお伝えできません」と言っておきましょう。

「他社と比べている」ことと、「査定額は教えない」ということを伝えることが大事です。

手順3.現状の査定額を聞いて、一度帰ってもらう

「この金額は今日しか出せませんよ」と言われることがあります。(管理人は、実際に言われました)

ですが、安心してください。車の価格は1週間や2週間で極端に下がるものではありません。

それよりも、落ち着いて価格交渉するために、とにかく一度帰ってもらいましょう。

ただし、名刺は必ずもらっておいてください。あとで電話で交渉するときに、連絡先と氏名がわからなくなってしまっては意味がなくなってしまうからです。

これを、アポを取った買取り業者すべてに行います。

手順4.電話で査定額の交渉をする

一社ごとに電話をして、価格交渉を始めます。

このとき、「御社よりも高い査定額をつけていただいている店舗があります。御社のより良い査定額を提示していただけないでしょうか」と伝えましょう。

相手が「これ以上は無理です。限界です」とあきらめるまで、高い査定額を求め続けましょう。

他社と競合させ、査定額の基準がない状態で「限界です」と言ったら、本当の限界値です。

これを、査定を行ったすべての店舗に対して行います。最終的に、最も高い査定額を提示してきた業者に買い取ってもらいましょう。

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/399e1f3c856d830b03a03568e8ad6d8f.png” name=”さてい先生” type=”r”]

実際の査定の場にすべての業者を集めて競合させた場合、あまりにも限界を求めすぎると業者同士で提示した価格を教え合うことがあります。

こうなると、査定額の基準ができてしまったわけですから、もう値段が上がることはありません。

これを防止しつつ、限界の査定額を引き出すには、個別に電話で交渉することがベストです。

手間はかかりますが、確実に高い査定額をもらえますよ!

[/voice]