ローンが途中でも車は売却できる?その方法と注意点を紹介します




うるぞうくん

車を売ろうとしているのに、まだローンが残ってました!

ローンが残ってても車を売ることはできるんですか?

さてい先生

安心してください!ローンが残っていても、車を売ることはできます。

ただし、手続きが面倒だったりすることがあるので、今回はローンが残っている場合の手続きと注意点を詳しく解説していきますね。

面倒といっても、たいしたことではないので気楽に読んでください。

ローンが残っていても売ることはできるが、「車の所有者が誰か」で手続きが変わる

ローンが残っている車を売る手続きは、所有者が「あなたか家族の名前」か「ローン会社やディーラーの名前」かで、変わります。

自動車は、法律で「所有者」が決まっています。つまり、自由に車を売る権利は所有者にあるのです。

そのため、あなたやあなたの家族が所有者ではないのであれば、勝手に売ることはできず、所有者の許可が必要になります。

所有者を確認するには、車検証の「所有者」欄をチェックしましょう。(下の見本写真の赤枠部分)

見本写真を入れる

所有者があなた、もしくは家族の名前の場合

この場合、ローンが残っていても車を自由に売ることができます。ローンを完済しているときと、手続きはまったく変わりません。

所有者があなたや家族であれば、当然ですよね。

ただし、注意点が1つあります。

それは、「車を新しく買うときにローンを組むのであれば、以前のローンは完済しておかなければ二重ローン」になってしまうということです。

車がないのに金利を払い続けるのはもったいないので、車を売ったお金か、手持ちの現金で完済させておくことをオススメします。

ちなみに、この場合は「無担保ローン」を組んでいることになります。

担保とは、「万が一、ローンの支払いが難しくなった場合、不利益をカバーするために金銭的に価値がある財産を差し出す約束をしておくこと」です。

つまり、無担保とは「あなたを信用しているので人質(車)はとりませんよ!」ということです。

銀行のマイカーローンなどが、無担保ローンになります。

【注意】

無担保とはいえ、返済が遅れるとローン名義者の信用情報に傷がつきます。

こうなると、今後借り入れをすることが難しくなるため、注意しましょう。

所有者が「ローン会社、ディーラー、クレジット会社」の場合

所有者が他人の場合、自由に車を売ることはできません。他人の所有物なので当たり前ですよね。

万が一、許可なく売却してしまうと、最悪の場合は横領罪などの犯罪になります。

とはいえ、ローン会社に確認を取るとカンタンに売却の許可をもらうことができます。

ただし、売却と同時にローンを完済することが条件です。

なぜなら、この場合は「有担保ローン」だからです。つまり、「返済が滞ったら、人質(車)を持っていきますね」という契約になります。

もし、車を売却しても有担保ローンを完済しなかった場合、「売却後の返済が遅くなっても回収する車がない」という状態になってしまいます。

これは、ローン会社からすると大きなリスクです、そのため、有担保ローンでは完済することが必須条件なのです。

また、売却時に一度あなたの名義に変更をするという手間が発生します。

そのときに必要になる書類は、次の6種類です。

  1. 車検証
  2. 新旧所有者(あなた)の印鑑証明
  3. 新旧所有者(あなた)の委任状
  4. 納税証明書
  5. 譲渡証明書
  6. 新所有者(あなた)の車庫証明

これらを揃える手間が必要ですが、車の売却先が「買取り業者」や「ディーラー」であれば業者で手続きを行なってくれます。

そのため、面倒は少ないです。

一方、個人売買では、自分で手続きを行なわなければなりません。

しかも、車を引き渡してもお金を払ってもらえないというリスクがあります。車を手放しても、お金がないからローンを完済できないということになってしまいます。

そのため、個人売買はやめておきましょう。個人売買のリスクについては、「車を高く売るなら個人売買やヤフオクが良い?メリットとデメリットを解説」で解説しています。

うるぞうくん

なるほど。リスクや手間を考えると個人売買はやめて、業者に売った方がいいんですね。

1つ気になるのですが、車を売却しても、売却額がローン残高よりも少なくなってしまった場合はどうすればいいのですか?

車を売ったお金がローン残高より多ければ、すぐにローンを完済できますが・・・

さてい先生

するどい質問ですね!それは気になってしまいますよね。

ですが、安心してください。それでも売ることができる方法があります。

それでは、次はこの場合の対処方法について紹介しますね。

有担保ローンで、車の売却額がローンの残高より少ない場合

車の価値は、年式、走行距離、事故歴などで変わります。そのため、売却額がローン残高より少なくなることもあります。

とはいえ、有担保ローンである以上、必ず完済しなければいけません。

この場合の完済する方法は、次の3つです。

  1. 手持ちの貯金で不足分をまかなう
  2. 買い替えの車とは別で、新しくローンを組み、そのお金で完済する
  3. 販売店で買い替えの車の購入費に、ローンの残金を上乗せして、新しくローンを組む

1番がもっともシンプルで、売却済みの車の金利を払う必要がないため、オススメです。

しかし、「手持ちのお金がない」という方もいるはずです。

その場合は、2番か3番の方法になりますが、ここで注意があります。

金利が高い「ショッピングローン」や「消費者金融」で、ローンを組まないことです。ローンを組みやすいことは事実としてあります。

しかし、高利のローンを組んでしまうと、せっかく車を買い替えて心機一転の気分になれるはずが、生活を苦しくしてしまいます。

こうならないように、借入先はしっかり選んでおきましょう。

さてい先生

車の買い替えは、何度経験してもわくわくしますよね。

ですが、生活を圧迫することだけは気を付けなければいけません。借金で首が回らなくなると、いろいろな方に迷惑をかけてしまいますからね。

車を高く売る賢い方法は?

ローンが残っていても、残っていなくても、車を高く売って少しでも得をしたいですよね。

特に、今のローンを完済したい場合は、残高よりも高く売りたいところです。

車を高く売るためのオススメの方法は、「複数の買取り業者で査定額を競わせる」ということです。