車を高く売るならオークション代行?唯一のメリットと4つのデメリット

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/c9236f1c713e22c71d76b1969e6b47e1.jpg” name=”うるぞうくん” type=”r”]

オークション代行を使うと、買取りよりも車が高く売れるって聞きました。

少しでも高く売りたいのですが、実際のところどうなんですか?

[/voice]

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/710543814cb55aef478ad4dada2e97a7.png” name=”さてい先生” type=”r”]

たしかにオークション代行で車を売れば、買取りよりも高く売れる可能性は高いです。

しかし、「少しでも車を高く売りたい」と思っていても、オススメはできません。

「高く売れる可能性がある」というメリット以上に、デメリットが大きいからです。

[/voice]

オークション代行で車を売却した場合、クレーム処理などをあなた自身でおこなわなければいけません。

また、買取りよりも高く売れたとしても、代行手数料などの経費を引くと逆に損をする可能性もあるのです。

オークション代行では、必ずこのようなリスクが発生します。

ここでは、「オークション代行のメリットとデメリット」をお伝えします。本当にオークション代行で車を売るかどうかは、この記事を読んでから決めましょう。

1.そもそも、「オークション代行」とは

「オークション代行」とは、あなたの代わりに「オートオークション」で車を出品・落札するサービスです。

後述する、「代行手数料」や「出品料」などの経費がかかります。ただし、代行業者によって費用の内訳は変わります。

また、「オートオークション」とは、「中古車販売業者の間で行われる競売」のことです。会場は全国にあります。

入会にあたり、「古物商許可証を取得してから1年以上」や「車を売買する為の店舗・事業所がある」などの条件があります。これは、とてもハードルが高く、個人が入会することはできません。

そのため、個人がオートオークションを利用するには代行業者が必要になるのです。

2.オークション代行の唯一のメリットと4つのデメリット

冒頭でお伝えした通り、メリットに対して「大きすぎる」とも言えるデメリットがあります。

ここでは、それぞれを解説していきます。

2-1.オークション代行の唯一のメリット

唯一のメリットは、「買取りよりも、高く売れる可能性が高い」ということです。

買取りの場合、買い取り業者はあなたから仕入れた車を、オートオークションに出品します。

このとき買取り業者は、オートオークションで落札される金額を基準に、利益が出る範囲の価格であなたから車を仕入れなければいけません。

その結果、買取り額はオートオークションで楽猿される金額よりも、低くなることがほとんどです。

一方、オークション代行では、あなたの車を直接オートオークションに持ち込みます。

間に買い取り業者が入っていないため、オートオークションでの落札価格があなたの車が売れた金額になるのです。

具体的には、下の図のルートでお金のやり取りが発生します。

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/4436a447058669fbd16d7c3f5891e85d.jpg” name=”うるぞうくん” type=”r”]単純に、オートオークションで直接売るから買取りよりも高く売れるんだね。[/voice]

2-2.オークション代行の4つのデメリット

デメリットは、次の4つです。

[aside type=”boader”]

  1. 出品しないと、結局いくらで売れるのかわからない
  2. 落札までに時間がかかり、計画的に車を売却することが難しい 
  3. 再出品を繰り返すと経費がかかり、買取りよりも損をする可能性がある
  4. 会場ごとのルールにしたがって、あなた自身でクレーム処理をしなければいけない

[/aside]

この項では、この4点を詳しく解説していきます。

2-2-1.出品しないと、結局いくらで売れるかわからない

2-1.オークション代行の唯一のメリット」で、「買取りよりも高く売れる可能性が高い」とお伝えしました。

「可能性が高い」という表現をしたのは、あくまで「オークション」であるからです。

オークションは、その商品が欲しい人が落札価格を競い合います。その中でつけられた、もっとも高い価格が落札価格になるのです。

オークションでも、それぞれの車種で相場が決まっています。しかし、車の走行距離やキズなどの状態、そのときの運で実際の落札価格は変わります。

つまり、出品してみなければいくらで落札されるかわからず、買取りと比べて損をするかもしれないということです。

[aside type=”normal”]【補足説明】
希望落札価格を設定できますが、高すぎる価格にすると落札。[/aside]

2-2-2.落札までに時間がかかり、計画的に車を売却することが難しい 

オークション代行では、いつ落札されるのかの予想が難しいです。

なぜなら、オートオークションの落札率は40~50%だからです。

つまり、あなたがオークション代行で出品しても、2回に1度の確率でしか落札されないということです。運が悪いと、5回出品しても落札されないこともあります。

さらに、オートオークションは週に1度の開催であるため、落札されるまでに1ヵ月以上かかることもあり得るのです。

そのため、売ったお金を次の車の購入費に充てたい場合、いつになるかわからない落札を待ってから車探しを始めることになります。

これを待たずに車の購入を進めようとすると、支払い時期がはっきりしないため新車の場合は商談がまとまりません。

中古車で買い替えを考えている方は、販売店からキャンセルされる可能性が高いです。

いつ入金されるかわからない相手を待っているのであれば、他のお客さんに売ってしまいたいからです。

また、オークションに出品してから次の車が納車されるまでの間、手持ちの車がなくなります。普段の生活を考えるのであれば、代車が必要になるはずです。

この場合、代車サービスを行っているオークション代行業者を選ぶか、あなた自身で車を用意する必要があります。

2-2-3.再出品を繰り返すと経費がかかり、買取りよりも損をする可能性がある

オークション代行でかかる手数料など経費は、基本的に次の内訳になります。

[aside type=”boader”]代行手数料の代表例

  • 代行手数料:4万円
  • 出品料(会場使用料):1万円 ※1回の出品ごとに必要
  • 成約料(落札された場合の手数料):1万円            
  • 陸送費(会場まで車を運ぶ費用):2万円以上 ※車種と距離によって変わる

※これらは、代理店によって変わるため、上記の金額はあくまで代表的なものです。[/aside]

先ほど、オートオークションでは2回の出品で1度の確率でしか、落札されないことをお伝えしました。

つまり、「出品を繰り返すと出品料が増え、買取りより高く落札されたしても、結果的に損をする可能性がある」のです。

たとえば、買取りでは20万円の査定の車が、オークション代行に出品して5回目で30万円の値で売れた場合を下で計算してみましょう。

[aside type=”boader”]●損をする場合の計算シミュレーション(買取りとオークション代行の差)

落札価格が30万円、買取り査定額が20万円だった場合

  • 代行手数料:4万円
  • 出品料(会場使用料):1万円 × 5回 = 5万円
  • 成約料(落札された場合の手数料):1万円
  • 陸送費(会場まで車を運ぶ費用):2万円


経費の合計
= 4万円 + 5万円 + 1万円 + 2万円 = 12万円

落札後に残るお金 = 落札価格 – 経費の合計 =30万円 – 12万円 = 18万円

買取りに対して損をする額 = 買取り査定額 - 落札後に残るお金 = 20万円 – 18万円 = 2万円

[/aside]

この場合、せっかく30万円で売れたにもかかわらず、半分近くの12万円が経費としてかかってしまいます。

その結果、買取りと比べて2万円も損をするのです。これは、車の落札価格が安い場合に起きやすいと言えます。

落札価格に対して、経費の割合が多くなってしまうからです。

そのため、落札価格が100万円以上を狙えるような高い車であれば、オークション代行でも損をする可能性は低くなります。

査定額が上がるにつれ、買い取り価格とオートオークションの落札価格の差が大きくなるからです。

ただし、再出品をし続けると、結局は経費が増えて損をすることになります。

また、出品をキャンセルしたい場合も注意が必要です。

出品キャンセルをしても、代行業者に支払う手数料は発生するからです。さらに、オークション会場から、自分のもとに車を移動させるときの陸送費も別で必要になります。

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/e29cf806e60b7a8bd5f9f73f4382c6fb.jpg” name=”うるぞうくん” type=”r”]

せっかく手間をかけてオークション代行で売ったのに、損をするかもしれないのか。。

オークション代行って、不安要素が大きいんですね。

しかも、買取りなら査定額に満足できなくてキャンセルしても料金はかからないのに、オークション代行はキャンセルしても代行費用を払わないといけないんですか?

[/voice]

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/6a0a8e639cb0b198a28fcdbd87f3dbdd.png” name=”さてい先生” type=”r”]

すでに出品しているのであれば、代行料金が発生するのは仕方ありません。

代行業者の手間がかかっているからです。

基本的に、「高く売れやすいということは、リスクが大きい」と考えましょう。

[/voice]

2-2-4.会場ごとのルールにしたがって、あなた自身でクレーム処理をしなければいけない

オークション代行で車を売却した場合、落札者からのクレーム処理はあなた自身で対応しなければいけません。

代行業者は、「出品から落札までを、あなたの代わりに行うことが仕事」だからです。そのため、落札後のトラブル処理などは、代行業者の仕事に含まれていません。

つまり、下の図のルートでオークション代行が行われます。

このとき、オークションを主催する会社ごとに定められたルールに従って、クレームの対応することになります。

具体的には、次のようなクレームです。これらは、過去に実際にあった事例です。

[aside type=”boader”]

  • 落札後、ブレーキなどの重要部品に不具合が見つかり修理を行った。修理費を全額支払ってほしい。
  • 落札時には確認できなかった不具合があったため、返品したい。それと同時に、返金をしてほしい。

[/aside]

もし、あなたが出品したオークションのルールが、「落札後、2週間以内の不具合発見による修理・返品については、出品者が責任を負わなければいけない」であったとします。

この場合、上記のクレームが落札から2週間以内にあったのであれば、聞き入れなければいけません。

さらに、返品のクレームがあった場合、車の陸送費をあなたが支払わなければいけないこともあります。

つまり、「クレーム処理などの面倒なやり取りをすべて自分で行わなければならない上に、大損する可能性がある」ということです。

まとめ

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/e29cf806e60b7a8bd5f9f73f4382c6fb.jpg” name=”うるぞうくん” type=”r”]これだけデメリットあると、オークション代行を使うのが不安になってきました。[/voice]

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/12d1e0aea8f3eff44db346cea9802e72.png” name=”さてい先生” type=”r”]

手間やリスクによる精神的な負担を含めて損得を考えると、「絶対に得する」とは言い切れないですからね。

ただ、年式が新しくて人気の車種であれば、オークション代行のリスクをある程度抑えられます。

すぐに売れやすく、クレームがつく可能性が低いからです。

とはいえ、リスクがなくなるわけではありません。

やはり、安全に高く車を売りたいのであれば、「買取り」をオススメします。

[/voice]

買取りであれば、オークション代行のような手数料やクレーム処理などのリスクは発生しません。

また、買取りで高い査定を引き出すコツは、「複数の業者で査定額を競わせること」です。

これを行なうには、「一括査定サービス」を利用することをオススメします。インターネット上で、わずか3分で必要事項を1度入力するだけで、8社で査定ができるからです。

少しでも高く車を売りたい方は、ぜひ活用しましょう。