車の下取りや買取り前に傷を直すべき?損しない選択肢を解説!

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/c9236f1c713e22c71d76b1969e6b47e1.jpg” name=”うるぞうくん” type=”r”]

僕の車、傷やへこみが多いんです。

高い査定額をつけてもらうには、修理しておいたほうがいいですか?

[/voice]

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/6a0a8e639cb0b198a28fcdbd87f3dbdd.png” name=”さてい先生” type=”r”]

査定前に修理することは、やめておきましょう。

プロに修理をしてもらえば査定額は高くなりますが、修理費がかかるので結果的に損するだけですよ。

[/voice]

誰もが車を売るときに、「できるだけ高く売りたい」と考えるはずです。

そのため、目立つ傷やへこみなどがあると、「これは値段が下がるのではないか」と思いますよね。

しかし、そのまま売却してしまった方が損しないのです。

このページでは、査定前に修理をしない方が良い理由を詳しく解説していきます。

損をしないように、しっかりと学んでおきましょう。

1.査定額は傷の大きさで減額される度合いが変わる

車の傷は、大きければ大きいほど、減額されます。

これは、基本的に「一般社団法人 日本自動車査定協会」が定めている査定の基準やチェック項目をベースに査定を行なっているからです。

このことから、査定士が傷の大小を勝手に判断しているわけではありません。

ただ、査定士や業者によって多少の査定への影響に差はあります。とはいえ、基準として定められているため、傷やへこみが査定額に影響することは仕方がありません。

特に、日本人は見た目を気にします。

大きい傷が付いている車をそのまま中古車として販売した場合、傷が少ない車と比べて売れづらくなります。

そのため、販売額を下げるか、修理を行なってから販売せざるを得ないのです。その結果、傷が査定額にマイナスの影響を与えます。

ただし、一般的に次の傷は査定額に影響を与えません。

[aside type=”boader”]

  • 洗車傷
  • 通常の走行で付いた傷(ぶつけてできた傷ではないもの)
  • 爪の先でなでたときに、引っかかりを感じない傷

[/aside]

これ以外の傷は、マイナス査定の対象と考えましょう。

2.傷やへこみを修理・補修すると損をするためやってはいけない!

冒頭で紹介した通り、査定前に傷を修理することは損するだけで得をすることはありません。

なぜなら、次の2つの理由からです。

[aside type=”boader”]

  1. 整備工場に修理代を払った以上に、査定額が上がることはない
  2. ッチペンなどを使って自分で補修した場合、傷と変わらない

[/aside]

この2点について、詳しく解説していきます。

2-1.整備工場に修理代を払った以上に、査定額が上がることはない

買取り業者やディーラーは、自社の整備工場を持っていたり、提携している工場で格安で修理を行うことができます。

そのため、あなたが個人的に修理に出した場合より、安く修理をすることができます。

大きな傷があると、たしかに4、5万円以上もの査定の減額があります。

しかし、修理は10万円以上かかることはよくあります。これは、塗装技術が難しく、時間もかかるからです。

2-2.タッチペンなどを使って自分で補修した場合、傷と変わらない

この場合も、手間をかけたにもかかわらずプラス査定になることはありません。

自分で補修する場合は、「コンパウンドで磨く」か、「タッチペンで傷を隠す」が一般的です。

しかし、コンパウンド(研磨剤)で磨いて消える傷であれば、そもそも査定減額の対象にならないことがほとんどです。

上記の通り、爪に引っかからない傷はマイナス査定にならないからです。

[aside type=”normal”]【補足】

ただし、鍵穴のまわりに、カギによるひっかき傷があまりにも多い場合は、見た目が悪いため、念のためコンパウンドで処理をしておいた方がよいでしょう。

しかし、やりすぎは禁物です。(後述します)

[/aside]

コンパウンドでは爪に引っかかるような深い傷を消すことは難しいです。そのため、なんとか傷を消そうと頑張ってこすっていると、その部分だけ色が変わって色ムラができてしまうことがあります。

研磨による色ムラは、査定では傷と同じ扱いになります。(外からこすりつけられてできた傷ということ)

傷を消すために時間をかけたのに、また傷を作ってしまうということになりかねないのです。

また、タッチペンも傷をごまかしているだけにすぎず、傷と同じ扱いになります。

まわりの塗装部分と比べると、仕上がりが全く違いますよね。そのため、傷があることと変わらないのです。

さらに、整備工場などでしっかりと修理しようとすると、タッチペンを塗ってあった場合、作業が増えてしまうのです。これは、通常の塗装と違うものがボディの金属面についているからです。

自分で補修をすることは、金額的にマイナスにならなかったとしても、プラスになることはありません。

それどころか、手間を考えたら完全にマイナスと言えるでしょう。

以上より、査定前に修理や補修をすることは得をすることはあり得えないと言えます。

[aside type=”warning”]【注意】

ボディのへこみをドライヤーで温めてから直す方法が、youtubeなどで紹介されていますが、オススメしません。

結局、プロの査定士の目をごまかすことができませんし、最悪の場合、塗装が割れて剥げ落ちてしまうことで、余計にマイナスになってしまうからです。

[/aside]

まとめ

これまでの解説の通り、査定前に修理や補修をしても、手間を含めて損します。そのため、何も手を加えず査定に出すことが一番です。

少しでも高くして得をする方法は、「複数の買取り業者に査定額を競わせること」です。

補修などの小技ではなく、こちらにエネルギーを使いましょう。

とはいえ、自分で何軒も業者を探して査定を取るのは面倒ですよね。

そんなときは、「一括査定サービス」を利用することをオススメします。必要事項を一度入力するだけで、8つの業者の査定アポを取れるからです。

複数の業者で査定を取ることは、高く売るために必須です。ぜひ活用しましょう。

自動車を売却するときの手続きの流れを解説!下取りと買取りの場合

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/c9236f1c713e22c71d76b1969e6b47e1.jpg” name=”うるぞうくん” type=”r”]

車を売るのが初めてなので、どういう流れで進んでいくのかわかりません。

ちょっと不安だし、行動に移せなくなると困るので教えてもらえませんか?

[/voice]

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/12d1e0aea8f3eff44db346cea9802e72.png” name=”さてい先生” type=”r”]

もちろんです。

特に初めての場合、よくわからなくて不安に感じますよね。

でも、やってみると難しくないので安心してください。

[/voice]

このページでは、車を売却するときの流れを、具体的な説明を交えてお伝えします。

車を売るときの流れ

まずは、車を売却するときの大まかな流れを説明します。

スムーズにすべてを終わらせるには、流れをイメージしておくことが大事です。

大まかな流れは次の通りです。

[aside type=”boader”]

  1. 今の車を売った後にどうするか決める
  2. 車の売却方法を決める
  3. 売却先の業者を決める
  4. 売却の契約手続きを行うために準備するべきこと
  5. 車を引き渡す
  6. 入金を確認する
  7. 任意保険の内容を変更、または解約をする

[/aside]

ここからは、それぞれの具体的なやるべきことや、注意点などを詳しく解説していきます。

STEP1.今の車を売った後にどうするか決める

車を売却する前に、まずは「今の車を売った後にどうするか」を考える必要があります。

具体的には、次の3パターンがあります。

[aside type=”boader”]

  1. 売却後は車の所有はしない
  2. 新車または中古車に買い替える
  3. 家族や親せき、知り合いから譲ってもらう

[/aside]

1番については、車の売却だけを考えればOKです。そのため、この記事で紹介している流れに沿うことで、スムーズに手続きを完了させることができます。

2番の車の買い替えを検討している場合、車の売却と同時に次の車の購入も進めなければいけません。

車がない期間が長くなると、生活に支障がでる可能性があります。そのため、できるだけ車がなくなる期間を短くできるように日程を調整しましょう。

3番の車を譲ってもらう場合は、あなた自身で名義変更を行なわなければいけません。

これについての具体的な手順は、別の記事(現在作成中)で解説させていただきます。

STEP2.車の売却方法を決める

車の売り方は4パターンあり、それぞれの特徴を下の一覧表にまとめました。

また、それぞれの売却方法での売却価格とリスクの関係を、グラフに表したのでチェックしておきましょう。

[table id=1 column_widths=”10%|30%|30%|20%”/]

このうち、「個人売買(ネットオークション含む)」に手続きについては、特殊で注意点も多いため、別の記事で詳しく解説させていただきます。(現在作成中

車の売却方法は、「下取り」か「買取り」が一般的です。

どちらも、手続きの流れに大きな差はないため、このまま読み進めていきましょう。

また、「下取り」と「買取り」のどちらにするか迷っているのであれば、STEP3で査定を取ってから決めても構いません。

おススメの売却方法は、「買取り」です。

一覧表にある通り、交渉することで限界近くの査定額を引き出すことができるからです。さらに、業者は責任を持って買い取ってくれるため、トラブルが起きることまずありません。

STEP3.売却先の業者を決める

売却先は、査定額がもっとも高い業者を選んでも良し、買いたい車を売っていて手間をかけずに下取りしてくれる業者に決めても良し。

あなたが納得できる業者を選びましょう。

ただし、少しでも高く売りたい場合は、必ず複数の買取り業者に査定額を競わせることをオススメします。

一社だけで決めてしまうと、間違いなく損をするからです。

特に、「地域No.1の買取り価格!」や「高価格買取りキャンペーン中」といったのぼりを出している店舗を信用して、その業者で売却を即決するのは危険です。

「高価格買取り」などは集客のためのアピールだけで、実際は複数の買取り業者で査定額を競わせない限り、値段が高くなることはあり得ません。

これについて詳しくは、次の記事を参考にしてください。

[kanren postid=”267″]

下取りを行なう場合、新しく車を購入する販売店に引き取ってもらうことになるため、価格交渉は少々難しいです。

少しでも得をするためには、下取りを考えていたとしても買取り査定を行い、手間と査定額を考えて「どちらが自分にとってベストなのか」を選ぶと良いでしょう。

STEP4.売却の契約手続きを行うために準備するべきこと

売却先を決めたら、次は売買をおこなうための必要書類を集めなければいけません。

普通自動車と軽自動車で必要になるものが変わるため、それぞれを別で紹介します。

[aside type=”boader”]

普通自動車の場合

【自分で準備するもの】

  • 車検証
  • 自動車納税証明書
  • 自賠責保険証
  • 印鑑証明書(発行後3ヶ月以内のもの)
  • 実印
  • リサイクル券

 

【状況により必要になるもの】

  • 住民票(車検証と印鑑証明の住所が異なる場合/発行後3ヶ月以内のもの)
  • 戸籍謄本(車検証と戸籍の名字が異なる場合)

 

【売却先の業者が用意してくれるもの】

  • 委任状
  • 譲渡証明書

[/aside]

[aside type=”boader”]

軽自動車の場合

【自分で準備するもの】

  • 車検証
  • 自賠責保険証明書
  • 軽自動車納税証明書
  • 印鑑(認印可)
  • リサイクル券

 

【売却先の業者が用意してくれるもの】

  • 自動車検査証記入申請書

[/aside]

もし、「早く買い取り代金を受け取りたい」などのスピードを重視したい理由があるのであれば、査定を取る前に準備をしておくことをオススメします。

万が一、書類が紛失してしまった場合、各発行元で再発行できます。

ただし、有料のものもあるので、それぞれを解説します。

車検証を紛失した場合

売却する車を登録した運輸局(ナンバープレートの地域の管轄運輸局)で再発行ができます。

たとえば、ナンバープレートが練馬ナンバーだった場合、東京運輸支局です。また、窓口まで直接、出向く必要があります。

再発行の費用は、手数料300円と申請書の用紙代で100円程度の合計約400円ほどかかります。

車検証再発行代行を行なっている業者もありますが、3千円~5千円の代行手数料が必要です。

自賠責保険証を紛失した場合

この場合、自賠責保険を契約した保険会社に連絡をすることで、無料で再発行ができます。

契約している保険会社がわからない場合、車を購入した販売店か車検を通してもらった業者に問い合わせて教えてもらいましょう。

もし、販売店の連絡先が分からない、もしくは連絡が取れないなどで、保険会社がわからないのであれば、保険会社に片っ端から電話をかけていくしか方法はありません。

自賠責保険の契約をすることが多い保険会社は、下記になります。ほとんどの場合、下のいずれかの保険会社の自賠責保険を契約しているはずです。

ただし、再発行の手数料は会社によって有料の場合があります。

[aside type=”boader”]

自賠責保険の取り扱いをしている主な保険会社一覧

[/aside]

納税証明書を紛失した場合

ナンバープレートの管轄の県税事務所に問い合わせることで再発行が可能です。

再発行は無料です。

STEP5.車を引き渡す

車両を引き渡すときは、私物が残さないように片づけを終わらせておきましょう。

業者は、車両や必要書類、その他付属品以外を、持ち主の許可なく処分することができません。そのため、片付け忘れがあると迷惑をかけてしまう可能性があります。

特に、CDやDVD、ETCカードの抜き忘れが多いです。忘れ物がないように、しっかりとチェックしておきましょう。

また、カーナビのデータ(目的地履歴や自宅設定など)を防犯のために消しておくことをオススメします。

STEP6.入金を確認する

買取りの場合、車両の引き渡しから1週間ほどで入金されます。(店舗によっては3営業日後など、少しの差はあります)

引き渡し当日など、できるだけ早く入金してほしいのであれば、事前に業者に相談しておきましょう。当日は難しいですが、早めの入金であれば対応してくれることがほとんどです。

また、下取りを選んだ場合、新しく購入した車の販売額から下取り額が引かれるため、入金されることはありません。

STEP7.任意保険の内容を変更、または解約をする

車を買い替えた場合、任意保険の契約車両を変更しておきましょう。

これを忘れてしまうと、最悪は事故を起こして保険を使いたくても、「契約している車と実際の車が違う」という理由で保険が使用できない可能性があります。

また、このタイミングで、加入する保険会社を見直してみるのも良いでしょう。

保険料を比較するなら、下の「一括見積サービス」が便利でオススメです。

リンクを入れる(現在作成中)

今後は車を乗らないのであれば、解約しましょう。無駄な保険料を支払ってしまうことになりかねません。

まとめ

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/e29cf806e60b7a8bd5f9f73f4382c6fb.jpg” name=”うるぞうくん” type=”r”]これだけ詳しく説明されると、たくさんあってなんだか不安になりますね。。[/voice]

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/885ef405d520d9c47b0f4d81a309b4e6.png” name=”さてい先生” type=”r”]

文章にすると少し難しく感じますね(笑

しかし、やってみると難しいことではないです。そのため、不安に感じる必要はありません。

それよりも、少しでもお得に車を売却することに力を入れた方が良いですよ!

[/voice]

車売却の一括査定は、仕組みを知っていればメリットが大きいです!

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/e29cf806e60b7a8bd5f9f73f4382c6fb.jpg” name=”うるぞうくん” type=”r”]

「車の売却」についてインターネットで検索をしていたら、「一括査定サービス」のクレームやトラブル事例が出てきました……

一括査定サービスってデメリットが大きいのですか?

[/voice]

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/6a0a8e639cb0b198a28fcdbd87f3dbdd.png” name=”さてい先生” type=”r”]

デメリットはありません。ただし、「一括査定サービス」の仕組みを理解していた場合ですね。

たしかに、国民生活センターに苦情が寄せられています。

しかし、そのほとんどが「一括査定サービス」とはどういう仕組みなのかを知らずに利用した方です。

仕組みがわかっていれば、メリットがとても大きいのですよ。

[/voice]

このページでは、「デメリットとその対処法」、「一括査定サービスのメリット」を解説します。

一括査定サービスを有効に利用するために、学んでおきましょう。

1.「一括査定サービス」のデメリット

「一括査定サービス」のデメリットは、査定の依頼受付けを完了したとたんに買取り業者から一斉に電話がかかってくることです。

このことを知らなければ、いきなりの電話ラッシュにビックリして、クレームをつけたくなりますよね。

もちろん、電話に出なければ同じ業者から何度も連絡が来ることになり、着信履歴が買取り業者で埋め尽くされてしまいます。

実際に、「国民生活センター」に寄せられている苦情の中に、一括査定サービスに対するものがあります。

【事例7】車の価値を見るために査定サイトを利用したら・・・

インターネットで、無料で自動車を査定するサイトがあったので、現状の車の評価をしてもらうために依頼したら、多数の業者から買い取りの勧誘電話がかかってきて困っている。
中略
(2011 年 10 月受付 40 歳代 男性 給与生活者 大阪府)

引用元:国民生活センター

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/dbe6f28b62a8642ad34c59c82f84293c.png” name=”さてい先生” type=”r”]

このようなトラブルは「一括査定サービス」の仕組みと、業者の立場を理解することでほとんど回避することができます。

対処法について詳しくは、次に説明しますね。

[/voice]

ちなみに、「国民生活センター」に、「車の価値を知りたかっただけなのに電話がしつこい」というクレームもあります。

査定のためのインターネット上のサイトは、事業者が顧客を探すためのもので、上手に利用すれば、時間をかけずに複数事業者からの見積もりがとれるなどの利点もある。しかし、「たくさんの業者から勧誘の電話や訪問がある」「自分の車の価値を知りたかっただけなのに勧誘がしつこい」といった相談が寄せられている。

引用元:国民生活センター

しかし、一括査定サービスはそもそも、ユーザーに売却する意思があることを前提としています。だからこそ、業者は買取りをするために、わざわざ無料の出張査定を行なってくれるのです。

それにもかかわらず、「車の価値が知りたいだけ」という理由でクレームをつけるのは、間違っています。

売却する意思がないのであれば、業者に対して迷惑になるだけです。こういった理由で、安易に利用してはいけません。

デメリットに対する対処法

対処法は、「一括査定サービスは、『査定依頼をしたあと、業者から連絡が来るもの』だと割り切り、電話対応のために1時間ほど自由になる時間を作っておく」ことです。

一括査定サービスの業者からの着信に関するトラブルやクレームは、「一斉に電話が来ることを知らない」か「電話に出なかった」ということが原因であることがほとんどだからです

そのため、電話が来ることを理解してしっかりと電話の対応をすることで、電話の嵐はすぐに収まります。

連絡が取れてまともなやり取りができれば、繰り返し電話をかける必要はありませんよね。

一括査定サービスのシステムは、必要情報を入力する画面で電話番号などを入れ、査定を依頼した時点で「一括査定サービス」に登録している買取り業者へ、あなたが入力した情報が送信されます。買取り業者は、ライバル社よりも先に査定の予約を取らないと、あなたから買い取ることができる確率が格段に減ってしまうのです。

そのため、ビジネスとして中古車の買取りを行なっているのであれば、他社に先駆けて連絡を入れるのは当然とも言えます。

個人的にはこれらを理解しておくことで、デメリットがメリットに変わると感じています。

次の項では、これについて解説をします。

2.一括査定サービスのメリット

一括査定サービスのメリットは、「一度だけ必要情報を入力すれば、かってに複数の買取り業者から連絡が来る」ことです。

これは、デメリットでもありましたよね。しかし、考え方によってはメリットになるのです。

たとえば、一括査定サービスがなかったとしたら、自分で買取り業者を探さないといけないですよね。

また、買取り額を限界まで高くするには、複数の買取り業者で査定額を競わせる必要があります。

そのため、一括査定サービスを利用しない場合、何社か自分で探して、自分から査定依頼の電話をしなければいけないのです。

これを実際にやると、インターネットで調べたとしても思いのほか面倒です。

つまり、一括査定サービスを利用することで、結果的に時間の節約ができ、買取り額も限界まで上げることができるのです。(電話ラッシュは確かに「うわっ」と思いますがw)

ただし、先ほどから説明している通り、「デメリットに対する対処法」を理解しておく必要があります。

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/226cb0fa22c08d4cc2c1247768c307ab.jpg” name=”うるぞうくん” type=”r”]なるほど!

たしかに、自分で買取り業者を調べて電話するのは面倒だけど、一括査定サービスなら手間を省けて簡単ですね![/voice]

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/399e1f3c856d830b03a03568e8ad6d8f.png” name=”さてい先生” type=”r”]

そうなんですよ。

これは大きなメリットなので、ぜひ活用することをオススメします。

ただ、一括査定サービスの仕組みを知っておかないと、業者からの電話ラッシュに驚いてしまうので注意が必要です。[/voice]

ローンが途中でも車は売却できる?その方法と注意点を紹介します

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/e29cf806e60b7a8bd5f9f73f4382c6fb.jpg” name=”うるぞうくん” type=”r”]

車を売ろうとしているのに、まだローンが残ってました!

ローンが残ってても車を売ることはできるんですか?

[/voice]

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/399e1f3c856d830b03a03568e8ad6d8f.png” name=”さてい先生” type=”r”]

安心してください!ローンが残っていても、車を売ることはできます。

ただし、手続きが面倒だったりすることがあるので、今回はローンが残っている場合の手続きと注意点を詳しく解説していきますね。

[/voice]

面倒といっても、たいしたことではないので気楽に読んでください。

ローンが残っていても売ることはできるが、「車の所有者が誰か」で手続きが変わる

ローンが残っている車を売る手続きは、所有者が「あなたか家族の名前」か「ローン会社やディーラーの名前」かで、変わります。

自動車は、法律で「所有者」が決まっています。つまり、自由に車を売る権利は所有者にあるのです。

そのため、あなたやあなたの家族が所有者ではないのであれば、勝手に売ることはできず、所有者の許可が必要になります。

所有者を確認するには、車検証の「所有者」欄をチェックしましょう。(下の見本写真の赤枠部分)

見本写真を入れる

所有者があなた、もしくは家族の名前の場合

この場合、ローンが残っていても車を自由に売ることができます。ローンを完済しているときと、手続きはまったく変わりません。

所有者があなたや家族であれば、当然ですよね。

ただし、注意点が1つあります。

それは、「車を新しく買うときにローンを組むのであれば、以前のローンは完済しておかなければ二重ローン」になってしまうということです。

車がないのに金利を払い続けるのはもったいないので、車を売ったお金か、手持ちの現金で完済させておくことをオススメします。

ちなみに、この場合は「無担保ローン」を組んでいることになります。

担保とは、「万が一、ローンの支払いが難しくなった場合、不利益をカバーするために金銭的に価値がある財産を差し出す約束をしておくこと」です。

つまり、無担保とは「あなたを信用しているので人質(車)はとりませんよ!」ということです。

銀行のマイカーローンなどが、無担保ローンになります。

[aside type=”warning”]【注意】

無担保とはいえ、返済が遅れるとローン名義者の信用情報に傷がつきます。

こうなると、今後借り入れをすることが難しくなるため、注意しましょう。

[/aside]

所有者が「ローン会社、ディーラー、クレジット会社」の場合

所有者が他人の場合、自由に車を売ることはできません。他人の所有物なので当たり前ですよね。

万が一、許可なく売却してしまうと、最悪の場合は横領罪などの犯罪になります。

とはいえ、ローン会社に確認を取るとカンタンに売却の許可をもらうことができます。

ただし、売却と同時にローンを完済することが条件です。

なぜなら、この場合は「有担保ローン」だからです。つまり、「返済が滞ったら、人質(車)を持っていきますね」という契約になります。

もし、車を売却しても有担保ローンを完済しなかった場合、「売却後の返済が遅くなっても回収する車がない」という状態になってしまいます。

これは、ローン会社からすると大きなリスクです、そのため、有担保ローンでは完済することが必須条件なのです。

また、売却時に一度あなたの名義に変更をするという手間が発生します。

そのときに必要になる書類は、次の6種類です。

[aside type=”boader”]

  1. 車検証
  2. 新旧所有者(あなた)の印鑑証明
  3. 新旧所有者(あなた)の委任状
  4. 納税証明書
  5. 譲渡証明書
  6. 新所有者(あなた)の車庫証明

[/aside]

これらを揃える手間が必要ですが、車の売却先が「買取り業者」や「ディーラー」であれば業者で手続きを行なってくれます。

そのため、面倒は少ないです。

一方、個人売買では、自分で手続きを行なわなければなりません。

しかも、車を引き渡してもお金を払ってもらえないというリスクがあります。車を手放しても、お金がないからローンを完済できないということになってしまいます。

そのため、個人売買はやめておきましょう。個人売買のリスクについては、「車を高く売るなら個人売買やヤフオクが良い?メリットとデメリットを解説」で解説しています。

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/c9236f1c713e22c71d76b1969e6b47e1.jpg” name=”うるぞうくん” type=”r”]

なるほど。リスクや手間を考えると個人売買はやめて、業者に売った方がいいんですね。

1つ気になるのですが、車を売却しても、売却額がローン残高よりも少なくなってしまった場合はどうすればいいのですか?

車を売ったお金がローン残高より多ければ、すぐにローンを完済できますが・・・

[/voice]

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/6a0a8e639cb0b198a28fcdbd87f3dbdd.png” name=”さてい先生” type=”r”]

するどい質問ですね!それは気になってしまいますよね。

ですが、安心してください。それでも売ることができる方法があります。

それでは、次はこの場合の対処方法について紹介しますね。

[/voice]

有担保ローンで、車の売却額がローンの残高より少ない場合

車の価値は、年式、走行距離、事故歴などで変わります。そのため、売却額がローン残高より少なくなることもあります。

とはいえ、有担保ローンである以上、必ず完済しなければいけません。

この場合の完済する方法は、次の3つです。

[aside type=”boader”]

  1. 手持ちの貯金で不足分をまかなう
  2. 買い替えの車とは別で、新しくローンを組み、そのお金で完済する
  3. 販売店で買い替えの車の購入費に、ローンの残金を上乗せして、新しくローンを組む

[/aside]

1番がもっともシンプルで、売却済みの車の金利を払う必要がないため、オススメです。

しかし、「手持ちのお金がない」という方もいるはずです。

その場合は、2番か3番の方法になりますが、ここで注意があります。

金利が高い「ショッピングローン」や「消費者金融」で、ローンを組まないことです。ローンを組みやすいことは事実としてあります。

しかし、高利のローンを組んでしまうと、せっかく車を買い替えて心機一転の気分になれるはずが、生活を苦しくしてしまいます。

こうならないように、借入先はしっかり選んでおきましょう。

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/dbe6f28b62a8642ad34c59c82f84293c.png” name=”さてい先生” type=”r”]

車の買い替えは、何度経験してもわくわくしますよね。

ですが、生活を圧迫することだけは気を付けなければいけません。借金で首が回らなくなると、いろいろな方に迷惑をかけてしまいますからね。

[/voice]

車を高く売る賢い方法は?

ローンが残っていても、残っていなくても、車を高く売って少しでも得をしたいですよね。

特に、今のローンを完済したい場合は、残高よりも高く売りたいところです。

車を高く売るためのオススメの方法は、「複数の買取り業者で査定額を競わせる」ということです。

車を高く売るならオークション代行?唯一のメリットと4つのデメリット

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/c9236f1c713e22c71d76b1969e6b47e1.jpg” name=”うるぞうくん” type=”r”]

オークション代行を使うと、買取りよりも車が高く売れるって聞きました。

少しでも高く売りたいのですが、実際のところどうなんですか?

[/voice]

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/710543814cb55aef478ad4dada2e97a7.png” name=”さてい先生” type=”r”]

たしかにオークション代行で車を売れば、買取りよりも高く売れる可能性は高いです。

しかし、「少しでも車を高く売りたい」と思っていても、オススメはできません。

「高く売れる可能性がある」というメリット以上に、デメリットが大きいからです。

[/voice]

オークション代行で車を売却した場合、クレーム処理などをあなた自身でおこなわなければいけません。

また、買取りよりも高く売れたとしても、代行手数料などの経費を引くと逆に損をする可能性もあるのです。

オークション代行では、必ずこのようなリスクが発生します。

ここでは、「オークション代行のメリットとデメリット」をお伝えします。本当にオークション代行で車を売るかどうかは、この記事を読んでから決めましょう。

1.そもそも、「オークション代行」とは

「オークション代行」とは、あなたの代わりに「オートオークション」で車を出品・落札するサービスです。

後述する、「代行手数料」や「出品料」などの経費がかかります。ただし、代行業者によって費用の内訳は変わります。

また、「オートオークション」とは、「中古車販売業者の間で行われる競売」のことです。会場は全国にあります。

入会にあたり、「古物商許可証を取得してから1年以上」や「車を売買する為の店舗・事業所がある」などの条件があります。これは、とてもハードルが高く、個人が入会することはできません。

そのため、個人がオートオークションを利用するには代行業者が必要になるのです。

2.オークション代行の唯一のメリットと4つのデメリット

冒頭でお伝えした通り、メリットに対して「大きすぎる」とも言えるデメリットがあります。

ここでは、それぞれを解説していきます。

2-1.オークション代行の唯一のメリット

唯一のメリットは、「買取りよりも、高く売れる可能性が高い」ということです。

買取りの場合、買い取り業者はあなたから仕入れた車を、オートオークションに出品します。

このとき買取り業者は、オートオークションで落札される金額を基準に、利益が出る範囲の価格であなたから車を仕入れなければいけません。

その結果、買取り額はオートオークションで楽猿される金額よりも、低くなることがほとんどです。

一方、オークション代行では、あなたの車を直接オートオークションに持ち込みます。

間に買い取り業者が入っていないため、オートオークションでの落札価格があなたの車が売れた金額になるのです。

具体的には、下の図のルートでお金のやり取りが発生します。

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/4436a447058669fbd16d7c3f5891e85d.jpg” name=”うるぞうくん” type=”r”]単純に、オートオークションで直接売るから買取りよりも高く売れるんだね。[/voice]

2-2.オークション代行の4つのデメリット

デメリットは、次の4つです。

[aside type=”boader”]

  1. 出品しないと、結局いくらで売れるのかわからない
  2. 落札までに時間がかかり、計画的に車を売却することが難しい 
  3. 再出品を繰り返すと経費がかかり、買取りよりも損をする可能性がある
  4. 会場ごとのルールにしたがって、あなた自身でクレーム処理をしなければいけない

[/aside]

この項では、この4点を詳しく解説していきます。

2-2-1.出品しないと、結局いくらで売れるかわからない

2-1.オークション代行の唯一のメリット」で、「買取りよりも高く売れる可能性が高い」とお伝えしました。

「可能性が高い」という表現をしたのは、あくまで「オークション」であるからです。

オークションは、その商品が欲しい人が落札価格を競い合います。その中でつけられた、もっとも高い価格が落札価格になるのです。

オークションでも、それぞれの車種で相場が決まっています。しかし、車の走行距離やキズなどの状態、そのときの運で実際の落札価格は変わります。

つまり、出品してみなければいくらで落札されるかわからず、買取りと比べて損をするかもしれないということです。

[aside type=”normal”]【補足説明】
希望落札価格を設定できますが、高すぎる価格にすると落札。[/aside]

2-2-2.落札までに時間がかかり、計画的に車を売却することが難しい 

オークション代行では、いつ落札されるのかの予想が難しいです。

なぜなら、オートオークションの落札率は40~50%だからです。

つまり、あなたがオークション代行で出品しても、2回に1度の確率でしか落札されないということです。運が悪いと、5回出品しても落札されないこともあります。

さらに、オートオークションは週に1度の開催であるため、落札されるまでに1ヵ月以上かかることもあり得るのです。

そのため、売ったお金を次の車の購入費に充てたい場合、いつになるかわからない落札を待ってから車探しを始めることになります。

これを待たずに車の購入を進めようとすると、支払い時期がはっきりしないため新車の場合は商談がまとまりません。

中古車で買い替えを考えている方は、販売店からキャンセルされる可能性が高いです。

いつ入金されるかわからない相手を待っているのであれば、他のお客さんに売ってしまいたいからです。

また、オークションに出品してから次の車が納車されるまでの間、手持ちの車がなくなります。普段の生活を考えるのであれば、代車が必要になるはずです。

この場合、代車サービスを行っているオークション代行業者を選ぶか、あなた自身で車を用意する必要があります。

2-2-3.再出品を繰り返すと経費がかかり、買取りよりも損をする可能性がある

オークション代行でかかる手数料など経費は、基本的に次の内訳になります。

[aside type=”boader”]代行手数料の代表例

  • 代行手数料:4万円
  • 出品料(会場使用料):1万円 ※1回の出品ごとに必要
  • 成約料(落札された場合の手数料):1万円            
  • 陸送費(会場まで車を運ぶ費用):2万円以上 ※車種と距離によって変わる

※これらは、代理店によって変わるため、上記の金額はあくまで代表的なものです。[/aside]

先ほど、オートオークションでは2回の出品で1度の確率でしか、落札されないことをお伝えしました。

つまり、「出品を繰り返すと出品料が増え、買取りより高く落札されたしても、結果的に損をする可能性がある」のです。

たとえば、買取りでは20万円の査定の車が、オークション代行に出品して5回目で30万円の値で売れた場合を下で計算してみましょう。

[aside type=”boader”]●損をする場合の計算シミュレーション(買取りとオークション代行の差)

落札価格が30万円、買取り査定額が20万円だった場合

  • 代行手数料:4万円
  • 出品料(会場使用料):1万円 × 5回 = 5万円
  • 成約料(落札された場合の手数料):1万円
  • 陸送費(会場まで車を運ぶ費用):2万円


経費の合計
= 4万円 + 5万円 + 1万円 + 2万円 = 12万円

落札後に残るお金 = 落札価格 – 経費の合計 =30万円 – 12万円 = 18万円

買取りに対して損をする額 = 買取り査定額 - 落札後に残るお金 = 20万円 – 18万円 = 2万円

[/aside]

この場合、せっかく30万円で売れたにもかかわらず、半分近くの12万円が経費としてかかってしまいます。

その結果、買取りと比べて2万円も損をするのです。これは、車の落札価格が安い場合に起きやすいと言えます。

落札価格に対して、経費の割合が多くなってしまうからです。

そのため、落札価格が100万円以上を狙えるような高い車であれば、オークション代行でも損をする可能性は低くなります。

査定額が上がるにつれ、買い取り価格とオートオークションの落札価格の差が大きくなるからです。

ただし、再出品をし続けると、結局は経費が増えて損をすることになります。

また、出品をキャンセルしたい場合も注意が必要です。

出品キャンセルをしても、代行業者に支払う手数料は発生するからです。さらに、オークション会場から、自分のもとに車を移動させるときの陸送費も別で必要になります。

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/e29cf806e60b7a8bd5f9f73f4382c6fb.jpg” name=”うるぞうくん” type=”r”]

せっかく手間をかけてオークション代行で売ったのに、損をするかもしれないのか。。

オークション代行って、不安要素が大きいんですね。

しかも、買取りなら査定額に満足できなくてキャンセルしても料金はかからないのに、オークション代行はキャンセルしても代行費用を払わないといけないんですか?

[/voice]

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/6a0a8e639cb0b198a28fcdbd87f3dbdd.png” name=”さてい先生” type=”r”]

すでに出品しているのであれば、代行料金が発生するのは仕方ありません。

代行業者の手間がかかっているからです。

基本的に、「高く売れやすいということは、リスクが大きい」と考えましょう。

[/voice]

2-2-4.会場ごとのルールにしたがって、あなた自身でクレーム処理をしなければいけない

オークション代行で車を売却した場合、落札者からのクレーム処理はあなた自身で対応しなければいけません。

代行業者は、「出品から落札までを、あなたの代わりに行うことが仕事」だからです。そのため、落札後のトラブル処理などは、代行業者の仕事に含まれていません。

つまり、下の図のルートでオークション代行が行われます。

このとき、オークションを主催する会社ごとに定められたルールに従って、クレームの対応することになります。

具体的には、次のようなクレームです。これらは、過去に実際にあった事例です。

[aside type=”boader”]

  • 落札後、ブレーキなどの重要部品に不具合が見つかり修理を行った。修理費を全額支払ってほしい。
  • 落札時には確認できなかった不具合があったため、返品したい。それと同時に、返金をしてほしい。

[/aside]

もし、あなたが出品したオークションのルールが、「落札後、2週間以内の不具合発見による修理・返品については、出品者が責任を負わなければいけない」であったとします。

この場合、上記のクレームが落札から2週間以内にあったのであれば、聞き入れなければいけません。

さらに、返品のクレームがあった場合、車の陸送費をあなたが支払わなければいけないこともあります。

つまり、「クレーム処理などの面倒なやり取りをすべて自分で行わなければならない上に、大損する可能性がある」ということです。

まとめ

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/e29cf806e60b7a8bd5f9f73f4382c6fb.jpg” name=”うるぞうくん” type=”r”]これだけデメリットあると、オークション代行を使うのが不安になってきました。[/voice]

[voice icon=”https://nyphpcon.com/wp-content/uploads/2018/04/12d1e0aea8f3eff44db346cea9802e72.png” name=”さてい先生” type=”r”]

手間やリスクによる精神的な負担を含めて損得を考えると、「絶対に得する」とは言い切れないですからね。

ただ、年式が新しくて人気の車種であれば、オークション代行のリスクをある程度抑えられます。

すぐに売れやすく、クレームがつく可能性が低いからです。

とはいえ、リスクがなくなるわけではありません。

やはり、安全に高く車を売りたいのであれば、「買取り」をオススメします。

[/voice]

買取りであれば、オークション代行のような手数料やクレーム処理などのリスクは発生しません。

また、買取りで高い査定を引き出すコツは、「複数の業者で査定額を競わせること」です。

これを行なうには、「一括査定サービス」を利用することをオススメします。インターネット上で、わずか3分で必要事項を1度入力するだけで、8社で査定ができるからです。

少しでも高く車を売りたい方は、ぜひ活用しましょう。